悪玉コレステロールを改善

女性

コレステロールという言葉を耳にしたことはありませんか。会社に勤めている方であれば会所の健康診断で耳にしたことがあるはずです。コレステロールにも2つの種類があります。善玉コレステロールと言われているのは、HDLコレステロールです。善玉コレステロールは、血液中に漂っている身体には不要なコレステロールや、コレステロールが血管の壁にくっついてしまい血液の通り道を塞がないようにそれらを回収や除去する能力がります。善玉コレステロールは、多ければ多いほど血液のパトロールを行なってくれます。また、悪玉コレステロールと言われるのがLDLコレステロールです。悪玉コレステロールは、善玉コレステロールと逆の働きを行ないます。血液中に細胞膜を形成するためにコレステロールを送り出すのです。血液中のコレステロールの数値が増加してしまうと、血管にコレステロールの膜が形成され血流が悪くなってしまいます。進行すると、動脈硬化の原因ともなってしまうため、日頃の食生活が大切になってきます。

血液中に増えた、悪玉コレステロールは下げることが望ましいです。今は、病院から処方される薬でもコレステロールはコントロールできるようになってきました。薬に頼ることも出来ますが、薬が一概にいいとは限りません。食生活からしっかりと見直していく必要があるといえるでしょう。オリーブオイルなどに含まれている植物性の油に含まれる成分で、一価不飽和脂肪酸という栄養素があります。これは、体内の悪玉コレステロールを低くしつつも、善玉コレステロールには影響を与えないという効果があります。このように、穀類や植物に含まれている成分を体内に取り入れれば、コレステロールを下げることが可能となります。そのため、バランスのよい食事を心掛けることが大切といえるでしょう。もちろん、悪玉コレステロールをコントロールするのは食事だけではありません。睡眠をはじめ運動も継続的に行なう必要があります。